本日の入札市(交換会)で、「川内康範」著作献呈署名入り6冊一括一本を落札する。

IMG_1726
 
 
 川内康範といえば、森進一の「おふくろさん事件」が記憶に残る。この一件で、康範氏が「月光仮面」の原作、脚本家であったことを知る。

 使い古した風呂敷を首に巻き、手ぬぐいで顔を覆って、駄菓子やのセルロイドめがね。気分はすっかりヒーローだ。拾った木っ端の二挺拳銃を持った子供たちがいつも回りに3・4人はいた。ヒーローどうしの撃ち合い殺し合いの毎日であった。
 
 「どーこの誰かは知いらなあいがあー  どーこの誰あれでえも知いってえいるうー」
あたりまえのようにそらんじて歌っていたが、今みれば、易しい言葉でつづられた誰もが思いつきそうな、しかし誰もが到達出来ぬ、最初の2行で子供たちの心をわしづかみしたものすごい歌であったことに気づかされる。

 終戦後、特攻隊の戯曲を上演、GHQに拘束される。
 機動隊の応援歌をつくり、稲川会の歌も手がける。
 佐藤栄作等の歴代総理の顧問をやり、「骨まで愛して」「花と蝶」「伊勢崎町ブルース」などのヒット曲を連発。
 
 落札品の「川内康範詩集  燌思経」に釘づけになる。歌謡曲詩集かと思ったが、違ったのだ。

 傷つきたい奴は傷つけばいい  死にたい奴は死ねばいい  その覚悟があれば見事にやってみろ
「孤絶の毒」はこの2行からはじまる。

 「反逆」      影は黒  形影相抱くという  白の分身。  白と黒は一つだという  この世のならわしに  僕はもう一つの    赤い影をさがす。

 このへんの詩は序の口である。竹下登や田中角栄を詩にする詩人に出会ったことがなかった。女の歌から母を失うパレスチナの少年、サラ金からアメリカ、中国、韓国のいざこざ、よだれから観音様まで・・・・

 どこからどこまでが頭なのか  どこからどこまで尻尾なのか  正体不明の生き物があるとすれば  それはすなわちわたしのことだ。
「よだれ」の書き出し。

 入札市のある日は仕事にならないねえ。

                                                                            藤沢湘南堂書店