20160510

夜、ガールズ&パンツァーのアニメを家族で見た。

大洗女子学園の女子生徒が、学園の存続をかけてチームを編成、他の女子学園と新旧取り混ぜた戦車に
乗り込み、戦いあうのだ。
茨城県大洗の市街地、富士の演習場、遠くはシベリアまで大型空母で移動するのである。
それより何より驚かされるのは、大洗女子学園はその空母の甲板に出来た街の一角にあるのだ。
なんじゃそりゃ。

砲弾が打ち込まれる、戦車はひっくり返る、燃え上がる。そして誰も死なないのだ。
そもそも、この戦いはれっきとした試合、しかも戦車道にのっとった日本固有の武道教育の一環なのである。
知力、体力を尽くした戦いの後は、一寸の遺恨もない、互いの検討を称え合うスポーツマンシップ。

翌日、港北区に出張買取にいく。
ちょうど居合わせたご子息様がこれも買えるかと出していただいたのがこれ。

ガールズ&パンツァの未組立プラモデルと戦車雑誌。嘘のような本当の話。
この出来すぎに驚く。

(ガールズ&パンツァーの)戦車の動きだけが妙にリアルなんですよね、キャタピラが外れていくところとか。
というと、照れたような笑みをいただいた。

藤沢湘南堂書店